ゴルフドライバーを見なおして飛距離をキープする

50を過ぎてからドライバーが飛ばなくなった、と感じるゴルフプレーヤーは少なくありません。
ゴルフはパワーをテクニックでカバーできるスポーツですが、ドライバーでのティーショットにはパワーが大きく影響します。若いうちはあふれるパワーでガンガン飛ばしていたプレーヤーも年齢とともに筋力が衰えれば昔のように飛距離を稼げなくなってしまうのはしかたのないところです。

 

 

年齢のせいでドライバーで思うように飛距離を出せなくなった時は、思い切ってドライバーを見なおしてみましょう。ドライバーと一口に言っても種類はさまざまで、力のある20代にピッタリのドライバーもあれば50代向けのドライバーもあります。

 

いくら使い慣れたクラブがいいからといって、いつまでも20代向けのドライバーを使っていてはプレースタイルに合わなくなるのは当然です。今も自分に合うドライバーを選び、再び理想的な飛距離を稼げるティーショットを目指しましょう。

 

最近は飛ぶドライバーも数多く販売されているので、無理に飛ばそうとしてトレーニングする必要はありません。

50代のドライバー選びはヘッドスピードがポイント

50代のドライバーショットで重要なのは、ヘッドスピードです。飛距離はヘッドスピードによって決まりますから、少ないパワーで十分なヘッドスピードが出せるドライバーを選ばなくてはいけません。

 

少ないパワーでヘッドスピードを出すために、今まで使っていたものよりも長いシャフトを選択しましょう。一般的なドライバーのシャフト長は45インチ前後ですが、45.5〜47インチの長尺ドライバーに切り替えることで50代の筋力でも十分なヘッドスピードを生み出すことができます。理論的にはシャフトの長さが1インチ長くなるごとに6ヤード前後飛距離が伸びる計算になります。

 

長いシャフトは扱いづらくショットの難易度が上がってしまいますが、パワーに頼らないスイングを心がけることでミート率はキープできます。無駄な力を抜いたスイングを身につければ弾道も安定しますから、より理想的なティーショットに近づくでしょう。

 

低重心ヘッドで安定したスイングを

ドライバーヘッドは低重心のものがオススメです。重心が低くなることでショットの安定性が増し、ゴルフボールを確実にミートすることが出来ます。低重心のヘッドでミートしたゴルフボールにはドロー回転がかかるので、左右に曲がらず狙った方向に確実に飛ばセルというメリットもあります。

年齢に応じたドライバー選び

ゴルフは道具選びが重要と言われるスポーツです。年令によって飛距離が出なくなったとしても、適切なドライバーを選べば全盛期の飛距離を維持することも夢ではありません。

 

自分にあったクラブがどういったものかわからないという方ハ、ゴルフショップなどでスイングを診断してもらうのもいいでしょう。年齢に会ったドライバーを使い、50代になってもゴルフを大いに楽しんでください。

 

飛距離が落ちたシニア世代に絶大な人気のあるドライバーはこれ!